気ままに暮らしています
by miyakeoriibu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りブログ
以前の記事
倉敷美観地区ウォーキング
2月18日(水)晴れ
今回(昨年11月の予定でしたが雨で延期)のエンジョイスポーツの会のウォーキングは倉敷美観地区で、ボランティアガイドさんの説明を聞きながらのウォーキングでした。参加者71名が赤・黄・青の3班に分かれての見学でした。
c0079206_19185361.jpg

c0079206_19181577.jpg水島臨海鉄道・栄駅から電車に乗って倉敷に行きました。この電車には今までに2回だけ乗車したことがあります。
1回目は35年ほど前、2回目は25年ほど前、どちらも仕事の関係で電車に乗って美観地区(大原美術館・考古館・民芸館)へ行きました。
当時は地上を走っていた電車ですが、今は高架になっていて踏切は無くなっていました。
倉敷駅から歩いて美観地区の入り口の新渓園でボランティアガイドの方と会い、3つのグループに分かれて見学しました。
c0079206_1938147.jpg
なまこ壁
c0079206_2116537.jpg

国重要文化財・旧大原住宅 (詳しくはここ) 
c0079206_205155.jpg
この石橋は「今橋」で大きな菊のご紋が彫刻されています。昭和天皇が皇太子の時、倉敷に来られた時に作られたそうです。児島虎次郎がデザインしたもので、菊のご紋のほかに龍の彫刻が彫られています。大原孫三郎氏が辰年だったから。

有隣荘(ゆうりんそう) (詳しくはここ)
c0079206_2010337.jpg

大原美術館 (詳しくはここ)   
ロダンの彫刻「洗礼者ヨハネ」「カレーの市民」の像がお出迎え しています
c0079206_20464511.jpg
c0079206_22182122.jpgc0079206_20515134.jpg←「カレーの市民」
足元には
A Rodin と書いてあります。
このほかに
c0079206_2223891.jpg
   倉敷考古館 日本郷土玩具館  倉敷民芸館  桃太郎からくり博物館 

アイビースクエアの広場ではボランティアガイドさんから大原孫三郎氏についてお話を聞きました。c0079206_22313742.jpg
c0079206_22321086.jpg
この蓋の下にはスピーカーがあり音楽が流れていました。6か所ありました。

倉敷美観地区は町並み保存地区に指定されていて、家の修理・改築には国から800万円までは補助が出る(内2割は個人負担)そうです。
新渓園は倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘でしたが大原孫三郎氏が一世紀ほど前に1万円(当時の公務員の給料70円)添えて倉敷市へ寄付したとか、倉敷国際ホテルの近くのビルより高いビルは建ててはいけないと倉敷市が2億円出して美観地区上空を買ったとか、今のフラワーポッケに高いビルの建設計画が出た時6億円出して買ったとか。
水門のこと 柳のこと 代官所跡の井戸(1枚石)のこと レンガの積み方(イギリス式・フランス式・日本式)のこと・朝ドラ「マッサン」のロケが行われたこと・・・・・・・たくさんのことを教わりました。

時間が来た(2時間)ので倉敷駅から臨海鉄道に乗って帰りました。

ボランティアガイド・菅野さんはよく通る声で分かりやすくガイドしてくださいました。
倉敷美観地区には何度も訪れたことがありましたが、知らなかったことがたくさんあることに気づき良い勉強になりました。
c0079206_2305165.png

[PR]
by miyakeoriibu | 2015-02-18 23:03 | エンジョイスポーツの会
<< 春の足音 カキオコ >>


検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング