気ままに暮らしています
by miyakeoriibu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りブログ
以前の記事
大根の漬物
11月21日(土) 晴れ

畑に植えている大根が大きくなりました。
c0079206_22162087.jpg
15本抜いて漬けることにしました。
この漬け方は実家の母が漬けていた漬け方です。

1)塩漬け  皮を剥いだ大根10kg  食塩500g
c0079206_2314226.jpg
 今日はここまでしました。

2)本漬け 
 ① 1週間~10日で塩漬けが出来たら、ざるに上げて1時間ほど水気を切る。
 ② 樽にビニル袋を敷き①を入れる。
③ 砂糖 1kg  酒または味醂 90cc(5勺)  酢 360cc(2合)  小さく刻んだ柚子の皮(あれば) をよく混ぜ、②の上からかける。
 ④ 塩漬けの時の半分ぐらいの重石をしておく。
   5日後ぐらいから美味しく食べられます。

大根の葉は3株程ふりかけにしました。

c0079206_2375961.jpg
  作り方
① 茹でて小さく刻み、フライパンでよく炒る。
② ①に砂糖 酒 醤油で味をつけ、ちりめんじゃことゴマを入れよく炒る。
③ 最後にごま油を少しまわし入れる。
熱々のご飯にのせて食べたら美味しいですよ。

  


畑の花  ラッキョウ  

c0079206_2312267.jpg
c0079206_23123892.jpg
 




実家の母は料理が大好きでした。
戦後私がまだ幼い頃、我が家には山羊を飼っていました。
毎日お乳を搾って、沸かして飲んでいました。
またそれでクリームを作ったりシチューを作ったりしてくれていました。
今考えると、当時としてはハイカラな料理だったと思います。
今でも私は母の味を思い出しては作っています。

これは、母が残してくれた漬物の作り方です。
今でも十分間に合っています。
c0079206_23342186.jpg
昭和40年頃、母は農村生活改善クラブに所属していて「故郷の味・手作りの味を見直そう、私たちが受け継いだ祖先の遺産をよくみがいて、次代の人へ引き継ごう、 そのための資料が欲しい。」という声にこたえてまとめたようです。(前書きより)
c0079206_2104995.jpg

[PR]
by miyakeoriibu | 2009-11-21 15:06 | 保存食
<< ナンキンハゼ 皇帝ヒマワリ >>


検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング